脱毛」カテゴリーアーカイブ

妊娠と脱毛サロンの休会・期間延長について

妊娠をしたら、脱毛サロン側から脱毛の施術をほとんどのエステサロンが断ります。ヒカリ(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛を受けても胎児や子宮への悪影響はないと言われています。しかし、影響はないと言うのになぜ施術を受けられないのかというと、脱毛じの痛みが陣痛を誘発する心配と痛みのよるストレスは胎児や母体に良い影響は与えないため、万が一体調が悪くなっても対応が出来ないからです。妊娠中は急に体調が悪くなりやすく、吐き気やめまいなど自分でも予想せぬ体調が変化してしまいます。特に妊娠初期はつわりや精神的にも不安定なため、脱毛だけでなくボディエステやリラクゼーションも施術をお断りします。マッサージやエステは安定期に入ったら受けられる施術もありますが、脱毛は安定期や妊娠後期に入ってもお断りをします。もともと毛は女性ホルモンとも密接に関係していますし、妊娠中は皮膚も敏感になっているため、いつどこでどんなトラブルや体調不良になるかわからないのです。感覚的には妊娠中にヘアカラーを避けるのと同じです。少しでも母体や胎児に良くないと感じたら、受けないのが一番です。しかし、妊婦さんによっては検診や出産の時にアンダーヘアが気になるという方もいらっしゃいます。そういう時は電気シェーバーを使って極力肌に負担をかけないように自己処理をするようにしてください。もし、脱毛に通っている期間中に妊娠した場合は休会や期間延長が出来るかサロンに確認しましょう。また、契約の際にもサロンスタッフに聞かれることもあるので、きちんと休会や期間延長があるのかを聞きましょう。出来ちゃった場合もあるので、既婚者だけでなく、彼氏がいる女性はみな、きちんと確認しておくべきです。もし、そのような制度がない場合は損をしてしまいます。既婚者で妊娠を希望されている方や彼氏との結婚を視野に入れている方はコース契約でなく、回数無制限又は都度払いのサロンを選んでおくと後々も安心です。

男性の脱毛方法の種類

ムダ毛の悩みは、今や女性だけのものではなく、身だしなみに気を使う男性の間でもムダ毛の処理を行う人が増えてきました。一昔前までは、毛深い男性は男らしいというイメージもありましたが、最近では女性には、ムダ毛が多すぎない人のほうが人気があるようです。女性は、男性の腕や胸毛、手の甲、指毛などのムダ毛を気にする人が多く、ムダ毛の処理を適度に行っている人の方が爽やかな印象になります。これはビジネスシーンでも同じであり、営業職や販売の仕事をしている人の場合は、気をつける必要があるのではないでしょうか。男性がムダ毛の処理をおこなう場合には、いくつかの方法があります。これは、男性も女性も同じであり、販売されているものも特に男性用・女性用と分けられているものは少なくなります。ムダ毛の処理方法には、毛抜き・テープ・脱毛剤・エステサロンなどが考えられます。男性は毛抜きでムダ毛の処理を行っている人は多いようですが、この場合肌を傷つけてしまうケースもあるいため、注意が必要です。しかし細かい部分の処理には便利な方法であるため、部分的に活用する事がおすすめです。テープの場合には、一気に広い範囲のムダ毛を処理する事ができますが、肌への負担は大きくなります。頻繁に使用したり肌の弱い人は、おすすめできません。脱毛剤には、クリームタイプとローションタイプがあります。肌へのダメージが少なく、肌が弱い人でも安心して使用することができますが、すぐに毛が生えてきてしまうため、頻繁に処理を行う必要があります。一方でエステサロンや医療機関で行う脱毛法なら、毛が細くなったり、薄くなってきたりします。自宅で処理をする方法と比較するとコストが高くなってしまうデメリットはありますが、肌を傷めずにきれいにムダ毛を処理できる一番確実な方法です。最近では男性用のサロンも増えてきて、抵抗なく通えるようになったため、せっかくムダ毛の処理をするのならプロに任せる事がおすすめです。
http://xn--rckva8hya1948asphxith5mi00b.com/

エステサロンで脱毛するなら、痛みの少ないフラッシュ式施術がおすすめ

むだ毛の処理はとても面倒なものです。冬の間はお手入れをさぼっても大丈夫ですが、暖かくなってくると気になってきます。毛抜きや脱毛クリームを使って自分でむだ毛処理をする人もいるようですが、自己流でやると肌を傷つける場合もあるので注意が必要です。長い間自分で処理している間に肌が荒れてしまったり、黒ずんでしまうこともあるのです。そのような人は脱毛サロンで施術を受けることをおすすめします。元の肌を取り戻すことができますし、むだ毛の処理も綺麗にできます。エステの脱毛は痛いというイメージがありますが、最近のサロンではフラッシュ式なので痛みはありません。かつてはニードル式といって、毛穴に電気針を刺して処置をしていていたので痛みがあったのです。最近のサロンはほとんどフラッシュ式が主流なので、痛みの心配はありません。フラッシュ式施術は光を照射するので、広範囲のむだ毛を処理できるようになっています。両脇の処理なら5分程度で終了する速さです。エステはお金がかかると迷っている人は、キャンペーンサービスを上手に利用してください。タウン誌や雑誌の広告を見ると格安のお試しコースなどのキャンペーンを実施している場合があります。また、ネットなどでサロンを検索すると、色々なキャンペーンを実施しているお店を見つけることができます。初めてエステサロンを利用する場合は、お店の選び方が大切です。雑誌やネットで探すのも便利ですが、一番いいのはサロンを利用したことのある友達などから情報を得ることです。そのような友達がいない場合は、ネット上にエステサロンの比較サイトがありますから、そこで体験者の口コミを丹念に拾い読みしてください。評判の良いお店やスタッフの優秀なお店などを絞り込むことができます。むだ毛の処理などは恥ずかしくて遠慮がちになる女性がいますが、相手はプロフェッショナルです。自分の悩みや希望を素直に打ち明け、相談してください。そうすれば必ず美しい肌にしてくれるはずです。

ブラジリアンワックスの脱毛とケア方法

ハイジニーナ脱毛は若い女性から爆発的な人気となった海外ドラマで紹介されてから、日本でも施術する方が増えて、メニュー化するサロンが増えました。今ではハイジニーナ(VIO)の処理は脱毛サロンの定番メニューとなっています。レーザーやヒカリでもVIOラインは処理できますが、熱を使った方法のため抵抗のある女性もいらっしゃるようです。また、即効性を求める方には向かないのでそんな方にはブラジリアンワックスがおすすめです。ブラジリアンワックスは口に入れても大丈夫なハニーワックスを人肌より少し熱めに温めて使用します。レーザーなどの永久性を求める方法ではないので、その都度処理を行います。レーザーなどでもVIOラインの脱毛は出来ますが、粘膜に近い部分は処理することが出来ず残ってしまいます。また、施術後もある程度の期間が必要なため即効性はありません。ブラジリアンワックスはワックスを塗って、一定時間乾かし、乾いたら一気に引きはがします。瞬間的な痛みはありますが、その痛みのレベルはレーザーと同じくらいか、ちょっと弱いくらいだそうです。処理後は古い角質も一緒に取れるので、ツルツルになります。日本人女性には全部ツルツルにするというのも抵抗があるので、アンダーヘアを少し残す方法がメジャーです。VIOの処理をするほとんどの方がVラインの先端だけちょっと残し、IOラインは完全に処理をしています。Vラインの残す形も三角、四角、丸などのバリエーションがあります。まれにハート形にしたいという女性もいらっしゃいます。このブラジリアンワックスの継続期間はだいたい1ヶ月です。1ヶ月超えるとちょっとずつ短い毛が生えてきます。毛母細胞は死滅しませんが、繰り返し行っていると生えてくる毛も徐々に細く短くなります。施術後は皮膚が炎症しているため、入浴は避け、化粧水やクリームなどを塗ってケアをしてください。処理後1週間くらい経ったら、スクラブなどでケアするとより効果的です。

脱毛サロンの追加料金について

脱毛サロンを受ける際に気になるのがお金のことです。コース価格なども気になりますが最も気になるのは追加料金についてです。追加料金として請求されるのは「入会金」「年会費」「登録料」「施設料」「ホームケア商品」などです。また、初めて脱毛エステに行くと脱毛箇所をあえて生やしたまま来店する方がいらっしゃいます。その際、店舗側でむだ毛処理をシェーバーを使ってするのですが、その際の料金も後から請求されることがあります。カウンセリングをきちんと行って、請求金額を支払ったにもかかわらず請求されることもあります。しかし、この追加料金はどの脱毛サロンに行ってもかかるものではありません。お金のことにきちんとしている(当たり前のことですが)サロンではカウンセリングの際に追加料金がかかる場合は必ず説明をしますし、そのことをお客様に了承してもらった上でその分の料金を頂きます。そのため、不安であれば追加料金についてカウンセリング時に確認することも1つの方法です。カウンセリング中はまだ契約を行っていない状態なので、断ることもできますし、納得できなければそのまま帰宅することも出来ます。しかし、契約後に発覚した場合はトラブルになってしまうため、注意が必要です。悪質な店舗でなく話題の良店と言われるサロンでも追加料金は発生します。今は顧客から追加料金などを頂かなくても、良店であれば評判や口コミ、インターネットなどで集客することが可能です。もし、何らかの説明もなくいきなり追加料金を請求する店舗があったとしても、評判を落とし、悪い口コミが流れ、集客することが不可能になり、その結果倒産や閉店となってしまいます。そのようなサロンに通ってもまったくメリットがないので、その際は消費者センターやそのサロンのお客様窓口などに問い合わせて相談してください。また、このようなトラブルになる前に成約前に追加料金の有無などに自身で確認するようにしましょう。