妊娠と脱毛サロンの休会・期間延長について

妊娠をしたら、脱毛サロン側から脱毛の施術をほとんどのエステサロンが断ります。ヒカリ(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛を受けても胎児や子宮への悪影響はないと言われています。しかし、影響はないと言うのになぜ施術を受けられないのかというと、脱毛じの痛みが陣痛を誘発する心配と痛みのよるストレスは胎児や母体に良い影響は与えないため、万が一体調が悪くなっても対応が出来ないからです。妊娠中は急に体調が悪くなりやすく、吐き気やめまいなど自分でも予想せぬ体調が変化してしまいます。特に妊娠初期はつわりや精神的にも不安定なため、脱毛だけでなくボディエステやリラクゼーションも施術をお断りします。マッサージやエステは安定期に入ったら受けられる施術もありますが、脱毛は安定期や妊娠後期に入ってもお断りをします。もともと毛は女性ホルモンとも密接に関係していますし、妊娠中は皮膚も敏感になっているため、いつどこでどんなトラブルや体調不良になるかわからないのです。感覚的には妊娠中にヘアカラーを避けるのと同じです。少しでも母体や胎児に良くないと感じたら、受けないのが一番です。しかし、妊婦さんによっては検診や出産の時にアンダーヘアが気になるという方もいらっしゃいます。そういう時は電気シェーバーを使って極力肌に負担をかけないように自己処理をするようにしてください。もし、脱毛に通っている期間中に妊娠した場合は休会や期間延長が出来るかサロンに確認しましょう。また、契約の際にもサロンスタッフに聞かれることもあるので、きちんと休会や期間延長があるのかを聞きましょう。出来ちゃった場合もあるので、既婚者だけでなく、彼氏がいる女性はみな、きちんと確認しておくべきです。もし、そのような制度がない場合は損をしてしまいます。既婚者で妊娠を希望されている方や彼氏との結婚を視野に入れている方はコース契約でなく、回数無制限又は都度払いのサロンを選んでおくと後々も安心です。